夜な夜な徘徊する入院患者さんは病院の門限破りの常習犯?!

女性30代
内科病棟5年勤務

地方の高校を卒業してから看護学校に通い、地方の総合病院で勤務する看護師です。

地域で一番の病院に

所謂総合病院で、いろんな診療科がそろっており、地域ではたった一つの大きな病院ですので、いろんな患者さんがやってきます。
またベッド数もかなりあるので、入院している患者さんも多いですね。

夜の徘徊癖のある患者さん

夜に徘徊する癖がある患者さんで、夜になると一人で病棟を出てコンビニやビデオ店、ファミリーレストランになど行ってしまい、病院の門限を完ぺきに無視している患者さんでした。
また、その患者さんのご家族の方も、病院の訪問時間を過ぎて訪ねてきたりしていたので、他の寝ている患者さんの迷惑にならないかと気になって仕方ありませんでしたね。
夜中でも近くのコンビニなどに出かけてしまい、時折警報が作動したりして困ってしまいました。

ご家族への対応に困ってしまう

ご家族からは横柄な言葉しか聞けず、何か注意すると露骨に嫌な顔をされるのですが、さすがにこちらも病院の規則がありますので対応には苦慮しました。

入院部屋でカラオケ大会

驚いた経験は、個室に入院されている患者さんが、いきなりカラオケの機械を病院に持ち込み、カラオケ大会を部屋で行ったことです。
さすがに大音量が病棟の中に流れ、ナースステーションのみんなはびっくりしました。

笑顔を保つ

入院病棟に勤務していて心がけていることですが、患者さんが気持ちよく過ごせるようにするということです。
それに関しては、病棟に勤務している人ならば誰しも思っていることだと思います。
病院勤務はストレスがたまりやすいですが、常に笑顔を保ち続けることを心がけています。